お風呂の床掃除に!オキシ漬けで黒ずみスッキリ

家事

お風呂の床の黒ずみ

時間に余裕があるときは、お風呂に入ったついでにお風呂の床もゴシゴシ掃除していたのですが…だんだんお風呂の床の黒ずみが気になるように…。お風呂の床の黒ずみは、水垢、石鹸カス、皮脂汚れ、黒カビが混ざり合ったものだそうです。毎日毎日蓄積されて黒ずみが出てきてしまうんですね…。

お風呂の床をオキシ漬けする方法

普段使っている浴室用洗剤とブラシだけではいくらこすってもきれいにならない黒ずみですが、オキシクリーンできれいさっぱりなくすことができたので、お風呂の床をオキシ漬けする方法をご紹介します。

まずは排水溝を塞ぎます。水を入れたビニール袋で塞いでみたのですが、完全にふさぎきれず私は一度失敗しました。後ほど排水溝を塞ぐ便利グッズをご紹介します。

排水溝の蓋

次に、オキシクリーンをお風呂の床にまきます。アメリカ版なら付属のスプーン1~2杯、日本版なら3〜4杯が適量のようですが、私はかなり適当にまきました。

お風呂の床にまいたオキシクリーンに、50~60度のお湯をシャワーで勢いよくかけて泡立てながら床にお湯をためます。排水溝の蓋等もついでにオキシ漬け。

お風呂の床オキシ漬け

その後、2~6時間そのまま放置します。この時点で既に黒ずみが薄くなっていました。

排水溝の栓を抜き、ブラシでこすります。シャワーで流すと、黒ずみがしっかりきれいに落ちています!黒ずみのないピカピカな床を見てテンションがあがります♪

Before
Before
After
After

漬け置き→こするだけのとっっっても楽な方法なので、ぜひぜひお試しください!

お風呂の床のオキシ漬けおすすめグッズ

ピタッと押すだけ密閉!シリコーン蓋

水を入れたビニール袋でしっかり排水溝を塞げない場合、おすすめなのがダイソーの『ピタッと押すだけ密閉!シリコーン蓋』です。我が家は直径約14センチまで対応のものがぴったりでしたが、家により異なる可能性もあるのではかってみてください。シリコーンなのでピタッとくっついてしっかり塞いでくれます♪フックがかけられる穴がついているので、我が家はお風呂の壁に磁石のフックをつけてぶらさげて保管しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました